新着情報

夏の事故防止県民運動に参加しました!

 720日(土)夏の事故防止県民運動の初日、友部SA下りで県警高速隊・NEXCO東日本・他団体と共に、

ペチュニアの鉢植と安全グッズを配布して「高速は重大事故につながる。安全運転で事故防止」を呼びかけました。

とても大盛況でした!

 

前列左から、当社 篠田会長・県警高速隊 住谷隊長・高速交安協会 小林会長(トラック協会長)です。

 

パトカーの助手席試乗も体験しましたが、今はMTでなくATでした。

パトライトのスイッチはシフトレバーの隣にあるのですね。ドリンクホルダーが無い!

 

ちなみに水戸営業所の大畠ドライバーは、ハイウェイモニターとして高速隊長より県内高速のパトロールを任命されています。

また常磐道は、水戸⇔土浦北 が重点速度取締り区間です。(参考:半年間の人身事故件数、水戸~勿来4件、水戸~柏18件)

 

昨年茨城県では122人の方が亡くなられました。1/3は歩行者となっています。

お年寄りや子供などに注意して走行し、プロの責任として思いやりある運転をして参ります。