新着情報

コープ車両の輪留めの位置を変更しました

11月に納車された新車より、「輪留めの収納位置」を運転席側から助手席側に

変更しました。

変更した理由は、「コープ地域担当10か条 第10条」の完全実施を行うためです。

10条の② 「乗車時は、時計回り乗車を実施し、指差し呼称安全確認を徹底します」

10条の⑤ 「駐車時は左前輪に輪留めをします」

輪留めはするのが目的ではなく手段です。目的は、指差し呼称をすることで、


確実な目視確認と安全確認を行うためです。

当社のトラックは、出発時は、時計回り乗車をして、車の下と周囲の安全を

確認してから出発いたします。

≪ちなみに社員の反応は・・・・・≫

●助手席を開けず済むので、左回り乗車するのがスムーズになる。

●以前の運転席側よりは、かなり取り外ししやすくなっている。

●助手席側が空いていない状態で駐車すると、輪留めしづらい。

などの意見をいただきました。

今後も、更なる安全確認の方法と、労働環境の改善に努めてまいります。