新着情報

安全運転研修

当社では年に2回安全運転研修を実施しており、以下4点の目的で研修をしました。

(1)バック事故を防ぐ為に必要な知識、技術を学ぶ
(2)トラックの特性、運転に必要な技術を学ぶ
(3)事故映像を振り返り、どうすれば防げたか危険感受性を高める
(4)顧客との信頼関係を構築する為、日々安全運転を行う

 

   

 

参加者からは、
・バック事故を起こさないためには、確認を怠らない、バック時に一時停止し窓を開けて確認する等、
基本動作を行うことへの重要性を感じた。

・トラックに乗車しての路上研修では、指差し呼称が慣れないと難しかった。
さらに、声出し呼称をすることで意識が危険箇所に向くので、これからも続けていきたい。
という意見がありました。

参加者からのコメント
・私はこの研修を通じて、改めて確認の大切さを知り、今後バックする際には
どんな状況でも一度降りて自分の目で安全を確認していきます。

・指差し呼称確認は慣れないが、少し注意をするとすぐ習慣にできそうな気がしました。
それをすることで交差点で曲がる時に遅くなるが、ワンテンポ置けて確認がしやすくなります。
今以上に歩行者や対向車にやさしい運転ができるきっかけになると思いました。

・研修を受けトラックの運転特性や運転中の確認ポイントなど、まだまだ勉強不足な点がある事を痛感しました。
今回の研修を今後の安全運転に活かし、同じ事故を二度と起こさないよう注意していきたいと思います。

これからも安全運転を心掛けていきます!